BufferMaskは、拡張編集RAMプレビューのExtram.dllを使用して、他のオブジェクトを用いたマスクが使用できるスクリプトです。

使い方

マスクしたいオブジェクトと、マスクに使用したいオブジェクトを用意します。

マスクに使用する側に「アニメーション効果」→「元データ保存」を適用します。
マスクされる側には、「マスク適用」を適用します。

「保存番号」を任意の数字に設定すると、元データ側のオブジェクトがメモリに保存されます。
マスクされる側のオブジェクトで同じ数字を設定すると、対応した数字のオブジェクトでマスクがされます。

「元データ保存」より上にエフェクトを掛けたり、オブジェクト自体の回転や拡大率などを変更すると、マスクにも反映されます(一部パラメータを除く)。

設定項目

元データ保存

場所内部変数
名前概要
トラックバーobj.track0保存番号1 – 100オブジェクトを保存する際に使用する番号を指定します。
obj.track1  
obj.track2  
obj.track3  
チェックボックスobj.check0表示ブール値オフにすると、オブジェクトを非表示にします。

マスク適用

場所内部変数
名前概要
トラックバーobj.track0保存番号1 – 100オブジェクトを呼び出す際に使用する番号を指定します。
obj.track1X数値マスクの座標を指定します。
obj.track2Y数値マスクの座標を指定します。
obj.track3モード0 – 3マスクする際の処理方法を指定します。
チェックボックスobj.check0マスクを反転ブール値オンにすると、マスクの適用範囲を反転させます。

「モード」は値によって以下のようにマスクの処理方法が変化します。

モード概要マスクを反転 OFFマスクを反転 ON
0和集合(合成)
1背面 / 積集合
2透明度
3明度(HDTV方式)

ダウンロード

拡張編集RAMプレビューに同梱のExtram.dllが必要です。

バージョンダウンロードリリース日備考
1.0 ZIP2021年9月14日WIP
rampreview 0.3rc7でテスト済